フルーツダイエットは良いの?メリット・デメリットまとめ | パーソナルトレーニングジムメクスター/MEXTRのお役立ち情報メディア

フルーツダイエットは良いの?メリット・デメリットまとめ

2020.2.10

22 views

rouki

バナナダイエットやりんごダイエットなどフルーツダイエットってあるけど痩せるの?簡単に出来そうだからやってみたいと思うけどどういう風にやればいいの?

こういった疑問にお答えしていきます

本記事の目次
  1. フルーツダイエットっいいの?
  2. フルーツダイエットのメリット
  3. フルーツダイエットのデメリット
  4. フルーツダイエットの正しいやり方

本記事を書いている宇田川は普段パーソナルトレーナーとしてトレーニング指導や栄養指導を行い、
ダイエットを通してお客様の身体変えるサポートをしています
自分自身もボディメイクを行いベストボディジャパンの大会で準優勝をするなどボディメイクのスペシャリストです

それに加えトレーナーとしては珍しく分子栄養学を勉強し、2ツ星栄養コンシェルジュであり、
細胞レベルで栄養評価を行い、栄養学の面からでもアプローチを行う栄養の専門家でもあります

そんな宇田川がフルーツダイエットを詳しく解説していきます

フルーツダイエットっいいの?

バナナダイエットやりんごダイエットなどがあるがいいのでしょうか?
宇田川はフルーツだけダイエットはおすすめしません!
フルーツだけでは五大栄養素をきちんと摂ることはできません
摂取カロリー自体は抑えられるかもしれませんが引き締まった身体、健康的な痩せ方をするにはあまりおすすめしません!

しかしフルーツ自体はビタミンやミネラルを多く含みます
フルーツだけでなく脂質源、タンパク質源をしっかり摂ることでバランスのとれた食事にしましょう!
フルーツダイエットにもメリット・デメリットがありますので詳しくみていきましょう

フルーツダイエットのメリット

ビタミン・ミネラルを豊富に含む

フルーツはビタミンやミネラルを豊富に含みます
例えばバナナ
バナナはビタミンB6やカリウム、モリブデンなどを多く含みます

ビタミンB6はたんぱく質代謝をサポートします
トレーニングを行っている人であれば、たんぱく質を摂ると思いますが、このたんぱく質を筋肉の材料になるように代謝してくれるのです
カリウムはむくみ解消に有効なミネラルです

精製された糖質(白米や食パンなど)はビタミンやミネラルが取り除かれてしまっているため、ビタミンやミネラルが不足しがちです
同じ糖質でもフルーツはビタミンやミネラルが豊富というのがメリットです

消化吸収が早い

フルーツに多く含まれる果糖は、白米に含まれるでんぷんとは違いすぐに消化吸収される経路を持ちます
でんぷんが2〜3時間ほど消化吸収にかかるところ、果糖は30〜60分ほどで消化吸収されます
そのため胃腸に負担かけることなく消化吸収されます
運動30分前に食べれば、すぐ消化吸収され運動中のエネルギー源となり、パフォーマンスUPに有効です

血糖値を上げない

フルーツに多く含まれる果糖は血糖値を上昇させない糖質です
血糖値が急上昇してしまうとインスリンが大量に分泌されて太りやすくなります
しかし果糖は血糖値を上げないためインスリンを分泌させません
ダイエットの間食などにとても有効になります

フルーツのデメリット

たんぱく質や脂質はあまり含まない

フルーツダイエットをする上で1番のデメリットになるのが、三大栄養素であるたんぱく質と脂質をほとんど含んでいない点です
フルーツだけではこれらの栄養素を摂ることが出来ないため、必ず他の食品も一緒に摂る必要があります

フルーツだけダイエットをしていると低栄養状態になりやすくなります
特に低たんぱく質
低たんぱく質により爪や髪、お肌の生成が上手くいかなくなったり
アルブミン不足により血液中に水分を保てなくなり、むくみやすくなったりします

中性脂肪になりやすい

フルーツはすぐに消化吸収され、肝臓でエネルギーになります
しかし肝臓のキャパがいっぱいの状態では代謝しきれず、余ったものは中性脂肪として蓄積されます
食べ過ぎた場合、白米などのデンプンよりもフルーツの果糖の方が3倍中性脂肪になりやい!
食事でたくさんお腹いっぱい食べた後にフルーツを食べると中性脂肪になりやすいということです
食べるなら空腹時や間食などがオススメ

フルーツダイエットの正しいやり方

フルーツダイエットをする際は以下の2点を意識してやってみましょう

①フルーツだけにしない
②たんぱく質&脂質をしっかり摂る

フルーツだけでなく、野菜たくさんのサラダに蒸し鶏やシーチキン、ゆで卵をトッピングし
亜麻仁油やオリーブオイル&塩をかけて食べる

面倒な場合はスムージー
フードプロセッサーにほうれん草や小松菜などの野菜を入れて、お好きなフルーツを入れます
これだけではたんぱく質・脂質が不足するのでプロテインパウダーとナッツ類やMCTオイルなどのオイル類を入れます
そうすると五大栄養素全て摂取することができ、食事として完成します

朝作るのが面倒な方にはオーバーナイトオーツがおすすめ!
オートミールにプロテインパウダー、豆乳やアーモンドミルクをビンに入れ
お好きなフルーツをトッピングして冷蔵庫で一晩寝かせて朝サクッと食べることができます

自分の続けられるやりやすい方法を見つけてみてください

【まとめ】
・フルーツだけダイエットはおすすめしない
・たんぱく質&脂質をプラスする
・メリットはビタミン&ミネラルが豊富で、消化吸収が早く、血糖値を上げない
・デメリットはたんぱく質&脂質が不足する、中性脂肪になりやすい

フルールだけダイエットではなく、バランスのとれた食事になるように意識してみてください!

The following two tabs change content below.
宇田川 稜平

宇田川 稜平

栄養学のスペシャリストのボディメイクトレーナー。分子栄養学を学び、細胞レベルで栄養状態を評価し、個人に合った細かなアプローチを提案する。自身もベストボディジャパンの大会で準優勝をおさめるなど、ダイエット・ボディメイクを体現している。トレーナー専門学校の非常勤講師や区の健康教室、パーソナナルトレーニングジムでの社内研修なども務めた。SNSでの情報発信も積極的に行う。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています