簡単にできるゴルフ前のストレッチ | パーソナルトレーニングジムメクスター/MEXTRのお役立ち情報メディア

簡単にできるゴルフ前のストレッチ

2020.2.12

52 views

簡単にできるゴルフ前のストレッチ 

 こんにちは、MEXTRの田村です。担当しているお客様がゴルフの練習帰りのトレーニングの時にふと、寒いと体が硬くなるから全然振れないんだよ、、、と。ストレッチをしてから練習してますか?と尋ねたところ、「してません」と即答。。実はストレッチをしないで打ちっ放しに行ったりラウンドされる方は多いのではないかなと思います。打つ前に軽く素振りをして準備運動は終了。そんな経験はありませんか?野球やサッカーみたいに走ったりする事はほとんどないので、ストレッチや準備運動を疎かにしがちですが、ゴルフも強い回旋動作が必要になる運動です。やはりその動きに見合ったストレッチは大事です。ストレッチをすることが面倒臭いという方も多いと思いますので、今回はゴルフの前に自宅で簡単にできるストレッチをご紹介します。

目次
  1. 何でストレッチをするの?
  2. どんなストレッチか
  3. ストレッチの方法
  4. 最後に

1,何でストレッチをするの?

 ゴルフってそんなに動かないからしっかりストレッチをしなくても、、、そう思われる方も多いかと思います。でもゴルフはしっかり回旋運動をするスポーツです。体を回す為に必要な筋肉が固まっている状態だと可動域に制限がかかってしまいます。その状態でゴルフをしても大きく振れないですし、腰や背中を痛めてしまうことにもなりますので、ゴルフの動きに必要な部分のストレッチはした方が良いということになりますね。
 また、しっかりと筋肉を伸ばせるということは、伸ばした後にしっかり縮んでくれるということにもなります。筋肉の伸び縮みによって運動は行なわれ、縮む力によって出せる力が変わってくるので、やはりストレッチは大事になります。

2,どんなストレッチか

 ストレッチと言ってもいろいろ種類があります。屈伸や伸脚、前後屈などもストレッチですね。それくらいのストレッチや準備運動はやってるという方は多いと思います。もちろんこのストレッチも大事です。ただこれだけでは少し物足りないです。なぜかと言うと、ゴルフは回旋運動だからです。屈伸や伸脚、前後屈は直線的な動きのストレッチなので、回旋運動をする為には体を捻る動きを入れなくてはいけません。
 右打ちの人がテイクバックした時、体のどこのラインが伸びてると思いますか?
 深く考えればたくさんありますが、簡単に考えると大きいところは2つです。1つは背中側です。左肩の後ろから右のお尻にかけての斜めのラインが伸びますね。もう1つ。もう1つは体の前側になります。右の胸から左脚の前ももにかけての斜めのラインになります。この2つのラインが伸びることによって体を回してきたときの可動域が大きくなります。
 今回はこの2つのラインを伸ばすストレッチをご紹介します。

3,ストレッチの方法

まずは体の背中側の斜めのラインのストレッチです。


両脚の股関節と膝がこのように90度になるポジションを作ります。


そして前にきているもも(写真だと右足の前もも)と胸のラインが真っ直ぐになるようにして胸を張ります。この時に右のお尻の伸びを感じましょう。ここがスタートポジションです。


スタートポジションが作れたら左手を右手の下に入れて押さえます。肘を伸ばしてまま左側にゆっくり倒れて行きます。この動きで左肩の後ろから右のお尻のラインを伸ばします。

息を吐きながら5秒かけて倒していきましょう。これを6回〜8回行ないます。

次に体の前側の斜めのラインのストレッチです。


横向きに寝転がって下になっている脚のつま先を上になっている方(写真だと左脚と右手)で掴みます。掴む時は手のひらが天井を向くようにします。上からつま先を掴んでしまうと肩が前に入りやすくなってしまい、掴んだ方の胸の筋肉が伸びにくい状態になってしまいます。


反対の手で上になっている脚の膝を抑えます。ここがスタートポジションです。


上になっている脚の膝をしっかり抑えた状態で息を吐きながら上になっている手で掴んだ脚を引きつけます。そのまま上になっている方の肩を床につけるように伸ばしていきます。回したい方に顔を向けるとしっかり伸びます。この動きで右の胸から左脚の前もものラインを伸ばします。

息を吐きながら5秒かけて倒していきましょう。これを6回〜8回行ないます。

4,最後に

 何かスポーツや運動をする時は、その動きに見合ったストレッチや準備運動は大事です。そのスポーツに合ったストレッチや準備運動をすることで動きやすくなるだけではなく、怪我の防止にも繋がります。ちょっとどこかを痛めてしまったりするとその運動ができなくなってしまい、楽しみにしていたことやストレス発散もできなくなってしまいます。ほんの少しストレッチに時間を割いてみてください。きっといつも以上にゴルフやその他のスポーツが楽しくなると思います!
 今回は簡単なストレッチを2つほどご紹介させて頂きました。少しでも参考になればと思います。

The following two tabs change content below.
田村一幸

田村一幸

大学を卒業後、一般企業に就職。その後都内の会員制フィットネスクラブに勤務し現在に至る。 中学から本格的に野球を始め、大学まで選手としてプレー。怪我も重なり大学卒業と同時に引退。高校野球の指導者と話す機会を境にトレーニングは必要だったのではと考える様になり、務めていた企業を辞めトレーナーを志す。 経歴 船橋市立船橋高等学校 卒業 東洋大学 卒業 資格 CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト) JATI-ATI 上級心理カウンセラー

関連キーワード

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています