ダイエット中は朝ごはんを食べた方がいい!? | パーソナルトレーニングジムメクスター/MEXTRのお役立ち情報メディア

ダイエット中は朝ごはんを食べた方がいい!?

2020.4.16

55 views

みなさんは朝ごはんを食べるタイプですか??朝ごはんは抜くタイプですか??
今日は朝ごはんを食べることでダイエットにどう影響してくるのか解説していきたいと思います。

目次(B2)
  • 朝ごはんって食べないとだめなの??
  • 朝ごはんの気をつけるポイント
  • 朝お腹が空かないと問題あり!?
  • まとめ

朝ごはんって食べないとダメなの??

徐々に年齢を重ねていくうちに朝ごはん食べなくなってくる人が多いのではないのかなと思います。朝練がある学生や社会人で働いて朝がはやいとどうしても朝ごはんを抜きがちなりますよね。。。しかし朝ごはんをしっかり食べておくことで身体にどんないい影響があるのか知っていますか?

♦︎朝ごはんの良いところ①基礎代謝が上がる。
朝ごはんは1日の活動の大切エネルギー源になります。朝ごはんをしっかりと食べる人は起きた時の体温が、朝ごはんを食べない人に比べて高い傾向があります。就寝中は代謝が低下している状態なので朝ごはんを食べることで代謝が上がります。代謝が上がることで脂肪が燃えやすい身体になるので食べることをおすすめします。逆に朝ごはんを食べないままだとずっと代謝が上がらずお昼を迎えると脂肪を吸収しやすくなります。ダイエットをしていく中で朝ごはんはタンパク質や糖質の量に気をつけながら、脂質は低く意識できると最高の朝ごはんになります。

♦︎朝ごはんの良いところ②排便をスムーズに促す
ダイエット中は便秘を避けたいところですよね?便秘で体重が減らないし、便秘であることで代謝が悪くなり悪循環まっしぐらです。
朝ごはんをきちんと食べることで胃腸の動きが活動的になります。胃腸の活動をより活発にする為には食物繊維をしっかりと摂りましょう!!食物繊維をしっかりととることで排便がスムーズになりますし、脂肪を溜めづらくしてくれます。

♦︎朝ごはんの良いところ③筋肉を分解させない
ダイエット中はタンパク質を摂ることが必要だと今までのブログで何度も話してきました。タンパク質が不足すると筋肉が分解され代謝が落ちて痩せづらい身体になってしまうということです。昼夜だけでまとめてタンパク質を摂っても全てが筋肉に吸収することが出来ないので、数回に分けて摂る必要があります。数回のうちの朝ごはんも重要な食事です。タンパク質は意識しないと不足しがちな栄養素です。お肉やお魚を意識して食べるようにしていきましょう!!
*朝お肉やお魚が重たければ低脂質のシーチキンやエビなどをサラダにかけるととても食べやすくタンパク質もしっかり取れた食事になります。

朝ごはんの気をつけるポイント

ダイエット中に向かない食べ物
ダイエット中は、脂質が高いもの加工食品などは避けたいところです。
朝ごはんにベーコンやソーセージ、パンなどが簡単で食べやすく、こう言った加工食品を食べている人が多いのではないでしょうか。
ただ、ダイエットとなると別です。ダイエット中は和食をベースに考えると分かりやすいと思います。ごはん、卵焼き、サラダ、みそ汁といったものが、タンパク質、食物繊維が摂れバランスの良い食事内容になっています。

どうしてもパンが食べたい場合は全粒粉を使ったパンがおすすめです。パンの種類で言うと「ライ麦パン」になります。
特におすすめのライ麦パンのメーカーで言うと「メステマッハー」というドイツのオーガニックライ麦パンです。これは食物繊維の量が高く、低GI値です。

朝お腹が空かないと問題あり!?

朝起きてお腹が空いていないと問題があるかも知れません!!
8時間以上食べていないのにお腹が空いていない状態ということは昨日の夜ごはんがちゃんと消化しきれていない状態です。
それは胃や腸に負担をかけることにつながります。
脂質はタンパク質や糖質に比べて消化するのに時間がかかる栄養素です。夜に脂質が多いと消化しきれず眠りにつくことになるので夜ごはんは出来るだけ低脂質がおすすめです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?これで朝ごはんがとても重要なことかわかりましたか??もし朝ごはんが食べられなかったときは腸に負担をかけない食事、血糖値が上がらない食事を意識すると良いです。具体的にはスープなどが体を温めて消化も良いのでおすすめです。これから毎朝最高のスタートがきれるように朝食はとりましょう。

The following two tabs change content below.
洲脇愛子

洲脇愛子

大阪のトレーナー専門学校を卒業し、東京でパーソナルトレーナーをしています。 私は食べることや料理が好きなので、ブログで食事のことをあげていきます。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています